2018年8月14日火曜日

猛暑の中でも・・・

連日の猛暑が続いています。
そんな中でも生きものたちは
着々と世代をつなぐ営みを頑張っています。



 

 
コブシの実
ちょっとグロテスクな形をしていますが
なるほど人の拳(こぶし)のように見えますね。



ハイイロチョッキリが切り落とした小枝







ハイイロチョッキリはドングリの中に卵を産み
枝を切り落とします。
卵はドングリの中で幼虫になり
ドングリから出て土の中にもぐって
成虫になります。

でも・・・
残念ながらコンクリートの上に落ちてしまったので
土にはもぐれないのでは?

かわいそうに・・・そっと土の上に戻しておきました。



 
 

 

2018年8月8日水曜日

ヘビの子供

皆さんこんにちは
 
 
今朝の甲山の気温は27°と、連日の酷暑から解放された気分です。
 
 
スタッフが場内を点検していると、、、
 
少し涼しくなったからでしょうか。
 
ヘビの子供を発見しました。
 
 
 
 
 


調べてみますと、シマヘビの子供でした。


子供ですがなかなか鋭い眼差しです。


シマヘビは無毒ですが、甲山にはヤマカガシや、マムシなど毒蛇もいますので、
むやみやたらに捕まえないようにしましょう。。。


2018年8月2日木曜日

学習館メンバーいろいろ



毎日暑い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか。


学習館では「甲山こんちゅう展」開催中です!


メンバーたちは、暑さに負けずがんばっております。


入り口では、サギソウがお出迎え。目にも涼しげです。







それでは、館内のメンバーたちを少しご紹介。






ハンミョウ。






水中生物もいますよ。


コヤマトンボのヤゴ。






かくれんぼが上手!


コクワガタ。






口をモグモグ。サワガニ。


まだまだほかにもたくさんのメンバーがいます。


酷暑の折、みなさま熱中症には十分にお気をつけくださいませ。


甲山周辺にお越しの際は、学習館に気軽にお立ち寄りください。


クールダウンしていただけるよう、館内涼しくして皆様をお待ちしております。



2018年7月23日月曜日

甲山こんちゅう展 やってます!



学習館では831日まで、甲山こんちゅう展を開催しております。









虫たちのケースが並んでおります。






カブトムシコーナー






こちらはキベリハムシ





キラキラのタマムシ




メンバーたちは随時入れ替わりますが、


甲山周辺に生息する虫たちをじっくり観察できるチャンスです!


夏休みの自由研究のヒントがあるかもしれませんよ。


メンバー一同、みなさまのお越しをお待ちしております。



2018年7月18日水曜日

イクメン がんばってます!

 
コオイムシの
 
背中の上には…
 
 

                           卵です。

 お父さんが背負ってます。

孵化するまでの約1か月間、卵が水中で窒息しないように

背中を水面に出して過ごします。

2018年6月29日金曜日

新入りさん、いらっしゃーい。



学習館でおなじみのカブトムシ幼虫ハウス。






とびらを開けますと、幼虫やさなぎのようすがわかります。


先日までさなぎだった2匹が、無事成虫になりました!







立派ですよねー。オス(左)とメス(右)、1匹ずつです。


そして今日、また新たなメンバーが学習館に。


お名前は・・・






キベリハムシです。


光沢の美しさ、胴体のべっこう色、そして触角の二色使い、


虫界の宝石のひとつと言えそうです。


この美しさを本人は知っているのか、まったりした動きも魅力的。



ぜひ会いに来てください!


学習館でお待ちしています。




2018年6月27日水曜日

夏の匂い

梅雨の最中ですが、風は夏を感じさせるような
 
涼しくないものに変わってきました。
 
それを察知するのか、夏の虫たちが顔を出し始めています。
 
 
ずらりと並んだ飼育ケースは
 
これから虫たちが入居予定。
 

                       蚊帳の中には あらっ?

        先客のクロアゲハが迷い込んでます。
 

2018年6月7日木曜日

湿原の華やぎ



梅雨入りしましたが、晴れ間は初夏の日差しですね。


湿原観察園では可憐な花が咲いています。






ササユリ


ピンク色がほのかで上品。





カキラン


花の色が柿色であることからこの名前がついたそうです。


スズランという別名がある通り


つぼみは小さな鈴のよう。





ノハナショウブ


濃い紫と葉の緑のコントラストが印象的。


風に揺れる姿も美しいです。




みやたんハウス横のデッキ(新しくできた休憩所)から


楽しそうな声が・・・






ようちえんのお友達


みんなで絵本を読んでいるのかな。


緑の風の中、元気な声がはずんでいました。



(参照:花のおもしろフィールド図鑑 
実業之日本社)


2018年5月31日木曜日

虫だけではありません


どもっ 自然学習館ニューフェイスの
 
アカハライモリです。
 
えっ?
 
いたじゃないかって?
 
ぼくちゃん なんです、ぼく。

 
オスのアカハライモリです。
 
 
サワガニ。


カスミサンショウウオの幼生も
 
エラが小さくなってきました。
 
 
こちらは ハグロトンボのヤゴ。
 
魚以外にも水辺にはたくさんのいきものがいっぱいです。
 
 
 
 
 

2018年5月18日金曜日

学習館 メンバーいろいろ


学習館内、ただいまいろいろな生き物たちでにぎわっております。


ドンコの赤ちゃん、カスミサンショウウオの幼生、

カブトムシのサナギ・幼虫、ナナフシモドキの子ども、

いろんなカミキリムシ、さまざまなハムシ・・・

数え切れません!


そんななか、今朝の学習館入り口前に、新入りの志願者が!





キイロトラカミキリ





そしてこちらはカブトムシのサナギ


メンバーは随時入れ替わりますが、バラエティに富んでおります!


花もいろいろ咲いてますよ。




スイカズラ





湿原観察園のトキソウ





コアジサイ


薄いブルーのカラーがきれい。


森の妖精のようです。




2018年5月7日月曜日

ますます成長しております。


ゴールデンウィーク中は、たくさんの方々のご来館ありがとうございました。


さなぎだったゴマダラチョウは、成虫になりました!


ぬけ殻との見事なシンクロをご覧ください!










ドンコの卵も色がついてきましたよ。





なんとなくドンコ色?

 

赤ちゃんドンコに早く会いたいですね。



2018年5月2日水曜日

みやたんハウス横に…

 
みやたんハウスから見てみると
 
 
ウッドデッキとベンチができてます。
 
ちょっとした休憩に利用してくださいね。
 
ちいさなスペースです。
 
譲り合ってお使いください。
 
 
 一方、足元を見てみると

 
赤い点々が…
 
その真上を見上げると


   桜の実です。

さくらんぼではないけれど、形は同じですね。
 
新緑のハイキングはたくさんの発見がありそうです。

2018年4月27日金曜日

日々、成長しております。


春の学習館は、毎日大忙しです!

 

ベビーラッシュの時期でもありますし、

 

さなぎになるチョウ・ガたちもいて、

 

毎日が変化の連続です!

 

先日ご紹介しました、ドンコの卵はどうなったかな?

 

 


目がはっきりしてきましたよ。

 


 
 

ゴマダラチョウはさなぎになりました。

 

ふと下を見ますと




 
 

幼虫時代の頭の部分が。




 
 

オオカマキリの赤ちゃんも、

 

卵かいからたくさん出てきました。

 




花を終えた桜の木はイモムシたちの楽園のようです。

 

勢いよく葉っぱをムシャムシャ。

 
 

日ごとに大きくなっていきます

 
 

2018年4月26日木曜日

芽吹きの季節はいきものたちも

 植物の芽吹きで新緑がまぶしい季節、

いきものたちも成長の季節です。

 凛々しい正面の姿。

立派な前肢がはえてきました。
 
カスミサンショウウオの幼生です。


  
コアラを思わせる顔つき、
 
つぶらな瞳、キュートでしょ。
 
ゴマダラチョウの幼虫です。
 
 
でも、ぽっちゃり体型です。
 
成長期ですから、しっかり食べてます。
 
 
 もうすぐ さなぎになりそうです。