2020年2月17日月曜日

小さい春を見つけました



立春を迎えて十日あまりたちますが、


春らしさを感じられるのは、まだまだ先でしょうか。


寒空の下、学習館の周辺を歩いてみました。







コバノミツバツツジ


つぼみがふくらんでいます。


日当たりのいいところにあるからでしょうか。


この木だけが色づいたつぼみを持っています。




モリアオガエルの池には、なにかるいるかな?







ヒキガエルの卵!


とてもとても長ーいです。


身近な植物や動物が、春の訪れを告げてくれていますね。




2020年2月6日木曜日

冬から春へ


この冬は暖かい日が多いですが、きょうは一段と冷え込んでいます。


風が冷たく感じますね。


もしかしたら凍っているところがあるかも・・・







湿原観察園にやってきました。



オオミズゴケがカチコチに凍っています!







ひなた部分にはキセルアザミが芽を出しています。



学習館の近くでも、咲いている花がちらほら。






ムラサキカタバミや





オニノゲシなど。






こちらは朽ち木から出てきたチビクワガタ。


起こされてビックリしてるかもしれません。



2020年1月17日金曜日

冬を彩る実




睦月も半ば、二十四節気では小寒。



今日は寒の入りらしい冷え込みです。








大阪方面の眺めです。曇り空の冬らしい風景。



落ち葉を踏みしめて歩きますと



小さくても鮮やかな色の実が、自然と目に入ってきます。








サルトリイバラ







ヒヨドリジョウゴ






ヘクソカズラ


なんとも渋い柿色の実







アオツヅラフジ


ブドウの房のよう







ひときわ目立っていたのは一輪のモチツツジ。


今年は暖冬と言われますが、


つぼみがほころんでしまったのでしょうか。





2020年1月9日木曜日

今年もよろしくお願いします

 
 
 
迫力の立ち姿を披露してくれたのは
 
アズマヒキガエル
 
一方
 
子犬のように おなかを見せてくつろぐ
 
アカハライモリ

 
 
石に上ることもあります
 



                         2020年もよろしくお願いします