2019年11月21日木曜日

畑と山で子育て 最終回!

今年から新しく始まった、甲山自然環境センターの連続体験講座
「畑と山で子育て」が、最終回を迎えました。

まずは、野菜につく虫たちの観察です。
どれどれ、いるかな・・・?
 
へー、こんな虫が野菜を食べちゃうのかー。


こども達だけではなく、この講座が始まる半年前は虫が苦手だったというおとなのみなさんも、
ハクサイについている虫を手のひらにのせて観察されていましたよ。

次は収穫です!
大きなダイコンが抜けました!

めずらしい落花生の収穫です
まるで土の中の宝探し

収穫のあとは、甲山キャンプ場までみんなでハイキング。
キャンプ場では、前回みんなで掘ったサツマイモを使って、焼き芋つくりに挑戦しました。

家族で協力して作ります
おいしく焼けたかな?
どっちがいい?
どっちもちょうだい!?

 焼き芋をいただきながらの交流会では、この講座に参加した感想などをいただきました。
「はじめは土さえ触るのを嫌がっていたこどもが、今では土遊びや虫が大好きになった」
「こどもだけでなく、おとなも自然と触れ合うことの楽しさに気づいた」
「家族で過ごす時間が増えた」
「もっといろいろなことにも挑戦してみたい」
などの声がありました。


「畑と山で子育て」を通して、これまで見えなかった自然のおもしろさ、そこで子育てをする楽しさ、また自然と人と社会のつながりに気づくきっかけになればうれしいです。

2019年11月12日火曜日

新刊入りました!



国際ソロプチミスト西宮さまより本を寄贈していただきました!


ありがとうございます!






絵本や迷路の本、おもちゃ作りの本







虫に関する本







植物に関する本など興味深いものばかりです!


お立ち寄りの際は、ぜひごらんくださいませ。



2019年11月7日木曜日

虫たち食事中



秋が深まってきましたね。


山々も色づき始めています。


きょうは学習館の虫メンバーをご紹介。






ヒナカマキリは1.5cmくらい。


もぐもぐ食べているのはカエル用のねりエサ。





こちらはトゲナナフシ。背中にトゲがありますね。


桜の葉っぱを食べると、フンが桜もちみたいな香りなんですよ。



🍁  🍁  🍁



ここからは衝撃写真なのです。


イモ虫の大群が苦手な人には、刺激が強いと思います。


キャンプ場内を散策中、大きな石の一部がゾワゾワ動いて見えました。


近づいてみると・・・


↓  ↓  ↓






イモ虫が波打っている!


ケバエの幼虫のようです。


こんなに集まって何をしているんでしょうね。




2019年10月25日金曜日

アズマヒキガエル



学習館のメンバーに加わりました


アズマヒキガエルです。





つぶらな瞳がかわいいんです。


繁殖期になりますと1匹のメスに複数のオスが抱きついて


団子状になることがあり、「カエル合戦」なんて言われるそうです。


オスに比べてメスの数が極端に少ないからだそうです。


それから虫メンバーでは、最近卵から無事にかえった幼虫がいますよ。







何かわかりますか?1cmくらいです。ヒントは夏の人気者!


🐛  🐛  🐛


答えはカブトムシの幼虫です。


学習館のカブトムシが産んだ卵からかえりました。


まだまだ小さいですね。ゆっくり大きくなってね。



参照:日本のカエル     山と渓谷社

  カエルハンドブック 文一総合出版

2019年10月11日金曜日

モリアオガエル 成長しました


今年の初夏、オタマジャクシから無事に成長したモリアオガエル。



このたび新居をご用意。







気に入ってくれるかな?


さっそく家に入ってもらいましたが・・・








遠慮がちに上のほうに・・・


新しいマイホームにまだ実感がわいていないのかな。








見たことのない景色に、やっぱり落ち着きのない様子。


慣れるまでに時間がかかりそうです。


2匹のかわいいモリアオガエルに、ぜひ会いに来てくださいね。


2019年9月20日金曜日

カタツムリ 赤ちゃん


学習館の新メンバー。







クチベニマイマイの赤ちゃんです!


まだ体は5㎜くらいですが、りっぱなツノですね。



新メンバーはまだいます。こちらをご覧ください。



なにかわかりますか?






オオトリノフンダマシ


っていうんですよ。


大きさは7㎜くらいです。






こちらは卵のうです。


オオトリノフンダマシという不思議な名前ですが、なにの仲間かな?






じつはクモの仲間なんです。


トリノフンダマシ属なんですって。


鳥の糞に似せて身を守ることからこの名がついたとも言われています。


カマキリの頭のようにも見えますね。


こうやって歩く姿はやっぱりクモですね。



(参照:日本のクモ   文一総合出版)



2019年9月6日金曜日

甲山湿原観察園 



暦では秋なのですが、残暑厳しいですね。





猛暑の中のススキ、そして





だんだんと大きくなっていくクリの実や





ハイイロチョッキリの仕事ぶりなんかを目にしますと


秋の始まりなんだなあと思います。


甲山湿原観察園では何に出会えるかな?


ちょっと見に行ってみましょう。





キマダラモドキ






オオシオカラトンボ





ウスバキトンボ(?)






リスアカネ




花も咲いていますよ。






ミズギボウシ





サワギキョウ





サギソウ





シラヤマギク



キセルアザミやワレモコウのつぼみも見られましたよ。


初秋の湿原観察園にぜひお立ち寄りください。




2019年8月29日木曜日

バケツ稲

 6月初旬に 3本の稲を 自然学習館前で植えました。

うまく育ってくれるでしょうか?


 
だいぶ伸びてきたころです。

3本のイネは それぞれ分げつ(株別れ)して 

たくさんの茎を出しています。


 
7月中旬 十分な背丈になってます。

風雨で茎が折れたりしないか心配です。


 
緑のモミの間から お米の花が咲きました。

とっても小さい花です。

しかも、受粉すると 閉じてしまうので

少しの期間しか 花を見ることはできません。


実るまで 順調に育ってほしいです。



2019年8月23日金曜日

穴からひょっこり


森や林の中を歩いているとき、


地面に穴があいているのを見たことありませんか。


誰が作ったのかわからない穴。


じつは今日、出会ってしまったのです。


その謎の穴に・・・






こちらです。直径3cmくらいかな。なんの穴だろう。


ヘビ?なにかの虫?


ちょうどそのとき、ひょっこりと!





顔を出してる!


ちょっとまわりをうかがってから・・・





うーん、出ても大丈夫かなぁ。


よし、出てみよう。





よいこらせっと。これでも急いでますよ。


お世辞にも機敏とは言えない動きです。





ちょっと待って。なんかすごく外、暑くない?


やっぱりちょっと休もう。





すぐそばに、ちょうどいい陰が。


ツチガエルにとっても、穴の外は暑かったみたいですね。



2019年8月2日金曜日

こんちゅう展





梅雨も明け、夏らしい日差しと暑さが続きます。

夏休みも始まりました。

自然学習館では 夏休み期間中 こんちゅう展をしています。

フィールドで見た昆虫と再び出会えるかもしれません。

           
 甲山周辺の昆虫たちを 見てもらえるよう展示しています。



タマムシも飛んでいます

昆虫関係の本もならんでいます


  自由研究の題材探しのヒントになるかもしれません

虫たちが来館お待ちしています


2019年7月12日金曜日

モリアオガエル オタマジャクシから成長




モリアオガエルのオタマジャクシが、カエルになりました!







まだしっぽが残っています。


頭からしっぽまで1.5㎝くらいです。


そして学習館に新メンバーが加わりました。







タマムシです。ピカピカキラキラしています。


ぜひ会いに来てくださいね。